スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターネット利用はテレビ視聴と競合する、と思うけど。 

インターネット利用とテレビ視聴は競合する!」という記事を読んだが、内容は全く逆の事が書かれている。
結局インターネット利用とテレビ視聴は競合すると言うよりも「共存」できると主張している。なんでタイトルで逆の事を言うのか意味がわからん。
この記事のずるいところは、「競合する」というタイトルを付けているにも関わらず、本文では「共存できる」という主張の軸までずれている。つまり、今現在の状態が競合/共存しているのかどうか、と言う主張であるのかの様に見せかけておいて結論は「共存できる」、できる/できない へすり替えてしまっている。

現在競合しているのか共存しているのかと言う事についてその根拠を見てみると...

日経新聞の記事を元に現在の新聞、テレビ、インターネット利用の割合を根拠として示している。しかし最近の流れとしては、そもそもテレビが全て持っていた視聴者を、趣味の多様化により他の事柄に奪われてきているはず。現在の新聞、テレビ、インターネット利用の割合だけを見て競合しているかどうかは判断つかないでしょう。つまり、もともとテレビを見ていた人が、インターネットの普及でテレビを見なくなったのか、テレビに加えてインターネットを利用するようになったのか判断する事で、共存しているのか競合しているのかわかるはず。20年前、10年前、5年前といった過去に比較して現在の利用状況を見ていないので、競合しているか共存しているかすらよくわからない。
そもそも直感的には、インターネット利用もそうしたテレビと競合するライバルであるはずで、昔に比較してインターネット利用も普及したのだから、テレビ視聴者を喰っているはず。何を持って「共存できる」という結論になったのか、文章としておかしい。と、ここで私が一生懸命書く様な事でもないけど。


それはそれとして、きちんとした数字の裏付けはないけれど、テレビはその影響力をどんどん低下させていっているように感じている。民放キー局同士の差別化が弱く、他チャンネル化も進んでいっていない。趣味の多様化によりインターネットのような異なる道具/娯楽へ視聴が移動していっている。
結局、民放キー局がターゲットにしているいわゆる「最もありふれた人」以外はテレビを見る理由がなくなってきているのではないか。と素人考えですがこんな結論になりますね。そこで「共存できる」ですよ、日本語としてはインパクトありますね。記事のずるさに感心した次第。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/86-92fab5a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。