スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNMPトラップ 

送信
snmptrapを用いる。

snmptrap -v 1 [COMMON OPTIONS] [-Ci] enterprise-oid agent generic-trap specific-trap uptime [OIDTYPE VALUE]...
snmptrap -v [2c|3] [COMMON OPTIONS] [-Ci] uptime trap-oid [OID TYPE VALUE]...
snmpinform -v [2c|3] [COMMON OPTIONS] uptime trap-oid [OID TYPE VALUE]...


SNMPv1トラップを投げる。

snmptrap -v 1 [COMMON_OPTIONS] [-Ci] enterprise-oid agent generic-trap specific-trap uptime [OID TYPE VALUE]...

enterprise-oid, agent, uptimeに空文字列を指定した場合にはデフォルト値として1.3.6.1.4.1.3.1.1(enterprises.cmu.1.1)、自ホスト名、自ホストのuptimeが用いられる。

TYPEの書式

i INTEGER(整数)
u UNSIGNED(符号なし整数)
c COUNTER32(32bitカウンタ)
s STRING(文字列)
x HEX STRING(16進数文字列)
d DECIMAL STRING(10進数)
n NULLOBJ(nullオブジェクト)
o OBJID(オブジェクトID)
t TIMETICKS
a IPADDRESS(IPアドレス)
b BITS

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/84-1b5d570c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。