スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fasterfoxのリンクプリフェッチ機能 

FirefoxアドインにFasterfoxというものがある。やることはFirefoxのコネクション数のチューニングや表示ページにあるリンクのプリフェッチなどである。以前から存在するアドインであるためある程度こなれて来ているはずであると思い試してみた。
狙いは現在利用しているTweak Network Settingsがやってくれる同時コネクション数の変更やPipeline/Persistence Connectionの利用の有無設定に加えて、表示ページにあるリンクのプリフェッチ機能を利用することだ。リンクのプリフェッチによりブラウジングがより円滑かつ短時間で行えるはずだ。

Tweak Network Settingと機能がバッティングするため、まずはこれを削除してからインストールしてみた。まぁ、動くは動くのだけどプリフェッチの同時接続数や接続ごとの待ち時間などを設定できないように見える。つまりは表示したページから同一サーバへのリンクが多数存在する場合には、そのサーバに対して絨毯爆撃を仕掛けるということのようだ。
Fasterfoxは同時接続コネクション数の点で一般的な設定値や最大値がRFCを越えるとかサーバに過大な負荷をかけるとして最速インタフェース研究会などで批判されている。私としてはリンクプリフェッチによって絨毯爆撃を行うことの方が問題だと感じる。

ブラウザからの同時コネクションが少し位多くても単一ページに含まれる画像やフラッシュファイルなどを円滑に返すことのできるようサーバはチューニングされていることが多いはずだ。なぜならこうした要求は少数の動的コンテンツ(動的なHTMLファイルなど)と多数の静的ファイルという構成になるためだ。
しかしながらリンクプリフェッチの同時実行数が増加することはサーバに対して大きな負荷を与える。同時複数のリンクプリフェッチ実行は同時複数の動的コンテンツ生成をサーバに要求することになるからだ。例えばblogのエントリ一覧画面などでリンクを絨毯爆撃すると、サーバサイドではリンクされている多数のエントリデータを生成するため同時に多数のデータベースアクセスが発生するはずだ。

一般に動的コンテンツを返す処理は、画像などの静的コンテンツを返す処理よりもサーバの負荷が大きく時間がかかる。このためブラウザはリンクプリフェッチを同時には極少数のみ行うべきだ。リンクプリフェッチが同時に一つづつしか行われなければ、また更にリンクごとに待ち時間を開けるようになっていればサーバに過大な負荷をかけずにすむだろう。

Fasterfoxでは同時接続コネクション数を設定できるが、リンクプリフェッチの同時実行数は設定できないようだ。設定できる同時接続コネクション数が、リンクプリフェッチと表示ページのためのコンテンツ取得のために使用するコネクションの合計に対して適用されるのであれば絨毯爆撃をせずにプリフェッチできるかもしれない。
実際のところがどうなのか、もう少し詳しく試してみないことにはこれ以上のことは分からない。

P.S.
上記の通り書いたが、Fasterfoxのプリフェッチは望まないログアウトなど意図しない動作を防ぐため、特定の拡張子のみに対して行われるとのこと。(Fasterfox FAQ) よって絨毯爆撃による動的コンテンツ要求は非常に限定されたものとなるはず。また、現在はまだプリフェッチの同時並行数や要求間隔についての設定は見つけられないでいる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/71-ee195eb9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。