スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリクションライン 

消せる蛍光マーカーで気になるものを発見。
PILOTのフリクションラインがそれ。
今までにも消せる蛍光マーカーは合ったんだそうで、そういえば自分も以前消すためのペンで消せるマーカーを使っていたことを思い出した。以前のものはマーカーの色数が限られており、色も発色が良くなかった。また、消すためのペンでなぞる事で消す、ということからも分かるように、インクの化学変化を用いているらしく消したところを再度マーキングするとうまく書けなかった。
今回のフリクションラインは、発色も良く色数も揃っており、消去/マーキングの繰り返しでも問題ない模様。温度上昇で消えるインクを使っているとの事で、マーカーの頭に付いているゴムでこする事で消えてくれる。実際に試したところ、きれいに消えてくれた。
Webにあるような「何度でも書き消し」が可能かどうかまでは試していないが、ちょっと試した感触からはうまくいきそう。インクが染み込むタイプの紙や、書いてから数ヶ月経った後での消去、特殊な紙での消去がうまくいくかは試していないので分からないが結構いい感じではなかろうか。
ITmedia Biz.gooニュースでも記事として取り上げられていた。
「効率アップ、クオリティアップのためのデジタル仕事術」を謳っているITmedia Biz.がマーカーを紹介するのはどうかと思うが。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/70-2260270a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。