スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FedoraCore5 + FreshRPMS 

FedoraCore5で、FedoraCoreの正式パッケージレポジトリ以外に、FreshRPMSを利用するときの手順。覚え書き。

(1)FreshRPMS設定などのインストール
rpm -i freshrpms-release-1.1-1.fc.noarch.rpm

(2)設定の変更(通常はFedoraの正式ミラーを利用する)
cd /etc/yum.repos.d/
vi freshrpms.repo
enabled=0

(3)FreshRPMSを利用してパッケージをインストール
yum --enablerepo=freshrpms install PACKAGE

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/43-a1f176eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。