原因はMcAfee Endpoint Securityのファイヤーウォールだった 

IPv6グローバルアドレスを取れない、という話の続き。

同じネットワークでAndroid端末はIPv6を取れていたので、おそらくネットワークのせいではないと切り分け。

PCを再起動しても治らないので、何かの設定の問題と切り分け。

ipconfig /renew6


とか実行しながらあれこれ変更していくと、McAfee Endpoint Securityを無効化するとIPv6を取れる。なんだこれ。
もう少し切り分けて、Endpoint Securityのファイヤーウォール機能を無効化するとIPv6を取れることが判明。
エンドポイント上でファイヤーウォール機能を有効にすることの意義があまり理解できない人であるので、早速ファイヤーウォール機能を無効化。

これで解決した。
しかし、IPv6のアドレスを取れなくなるとかいって、どういう了見で初期設定を作っているんだ、このソフト。
そんなことがあった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/291-bd9e4037