スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows ServerのDHCPログが腐っている話 

Windows Server(ここでは2012ね)のDHCPサーバは、珍しくテキストファイルでログを出力する。これ自体はいいことで、イベントビューアのようなGUIでもCUIでも取り扱いの極めて面倒くさいログ形式ではないのは、腐ったガラクタの山の中にひと鉢の花が咲いているように感じられる。とはいえこれはMSがそうしたくてそうしたというのではないように思える。きっとどこかから持ってきた(フリーの)DHCPサーバソースコードを改造してWindows用のDHCPサーバにしたんじゃないだろうか、そしてログ出力部分までは書き換えるなかっただけではないだろうか。だから元々のテキストファイルへの出力ということになっているんではないだろうか。まぁ、どんな出自だろうがDHCPサーバは問題なく動作しているので、それはプログラムとして一番素晴らしいことではある。御託を並べてがたがた言うよりもきちんと動作してみせるのが一番いい。

しかしながらWindowsという腐りきったOSにおいては、テキストログといえどもマトモな形式ではない。生えているのは美しいバラの花ではなく、ジメジメした暗い場所に生える見た目の悪いゼニゴケだ。

なにせこのログファイル、ファイル名からして腐っている。

DhcpSrvLog-Mon.log
DhcpSrvLog-Tue.log
DhcpSrvLog-Wed.log
 :



という様にファイル名に曜日を含めて自動的に出力先ファイルを切り替えやがる。どうやってもログの保存期間は1週間を超えることができないではないか。何が嬉しくてこんな馬鹿な形式にしたんだよ。どうして1週間以上のログファイル保存は不要だと仕様で決めたのか、決めた奴の頭を叩いてやりたい。

せめてDhcpSrvLog-YYYYMMDD.logにしておけばいいだろうに。古いログを自動で削除することができないとかですか? それってあまりにヘボい理由だよね……

ログファイルの中身もヘボい。日本語で書いてあるのでスクリプトで処理するのが異常に面倒臭い。日本人だってログ出力に日本語を使うのなんてのは少ないぜ? 日立製とかのプログラムは日本語で出力するのかもしれないけれどさ、拝承。

中身はCSVなんだけど、カラムの並び順もおかしい。まずIDが出現する。IDというのはDHCPサーバで起きたイベントの種類を表すイベントIDなんだけど、どうしてこれを1番最初のカラムに持ってくるのか? 普通は日時だろ?
IDの次には日付、時刻がきて、その次にはいきなり説明だよ! どうして説明なんだよ!? フリーフォーマットの説明はさ、一番最後のカラムに持ってくればプログラムで処理しやすいし、テキストを人間の目で見た時にもカラムがずれにくくて見やすいのに、どうして前半に持ってくるのか?

次がIPアドレス、ホスト名、MACアドレスと来るんだけど、これもまずMACアドレス、次にIPアドレス、最後にホスト名とするべきじゃないのか? 感覚的にもそうだけれど、ホスト名が一番書式の自由度が高く、文字数が多くなったり少なくなったりするので、後ろに持ってきたほうが見やすくもなるのだ。
その後はよくわからないカラムが続く。トランザクションID、QResult、プロベーション時刻、相関ID、DHCID。そもそもここらへん具体的な説明はどこかに存在しているんだろうか? 妙なカタカナにしちゃうからよくわからないんだよな、日本人は"プロベーション"なんてカタカナ使わないぜ? カタカナだから英語ではどんな綴りなのかすぐにはわからないじゃないか。

もうちょっと運用するときのことを考えた作りにするのが当然だと思うのだが、Windowsだから仕方ない。いつだってこんな感じだし、これからだって改善されることはないだろう。だって奴ら、自分たちでは作って売るだけで、自分たちで運用しないんだもの。そういうところを改善する動機がないんだよな。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/283-8d6826cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。