スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

metacityの設定 

FedoraCore4+Gnomeという環境だが、ウィンドウをドラッグする際にウィンドウの中身が描画される。

デフォルトの設定としては正しいのだが、VNC経由で操作すると画面描画に時間がかかってしまい、快適さが減少する。こいつをなんとかしよう。

どうもgdmというのはウィンドウマネージャではない模様で、metacityがウィンドウマネージャらしい。ドキュメントの翻訳によれば、~/.themes/にテーマ名のサブディレクトリがあるとのこと。どれどれ、あるじゃん、うむ。

だけどXMLファイルをごりごり書かないといけないようだねぇ。ちょっと大変そう。FedoraCoreの掲示板にはmetacityは設定の自由度が低いと書かれている。ウィンドウマネージャを切り換えてみるのが吉、と迄書かれている。

といわれて早速試しにXFCEに乗り換えてみることにした。手順はこちらに書かれておりました。ところがうまく切り替わっていない模様。

全ての操作をVNC経由で行っているのですが、それだときちんとgdmが終了しないとかで切り替わらないのかしら? runlevelを一旦3に落として5に戻したけども反映せず。むーん。今度マシンの前に行ったときにもう一度試してみるべし。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/28-07042387

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。