スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VirtualBoxを試してみた。 

VirtualBoxを試してみた。

VirtualBoxがMSから売却されて、Sunに移り、SunがOracleに買収されて現在はVirtualBoxはOracleの提供するOSSとなっている。MSのものではなくなっているのでVirtualBoxを試してみた。

ちょうどある程度管理環境の変わったCentOS7を使い始めてみたいと思っていた所、VMを作るためのソフトウェアが欲しかったので渡りに船だった。新しいマシンを用意する必要もないし。

最新版4.3.14はインストール後の最初の起動でエラーが出て起動に失敗し、使えない状態だった。ぐぐってみたところ、何やらセキュリティ向上のための工夫をしたためにうまく動かなくなっているらしい。俺の環境Windows7 64bit(Intel)という普通の環境なんだけどな……。Celeronにはインストールするな、ということなんでしょうか?

「一個前のバージョン4.3.12を使うとうまく動くよ」という情報を入手したので、入手。SourceForgeからダウンロード、インストールするとうまく起動しました。新しいVMを作成、インストールするOSの種類と32bit/64bit、VMファイルの保存先、スナップショットの保存先などを設定。CentOS7のインストールISOをJAISTから入手して、先ほどのVMのDVDドライブの接続先ファイルとして設定。

VMゲストの電源を投入すると普通にインストーラが起動しました。普通にインストールを続けていった所、CentOS7がインストールされました。結構これってお手軽でいいね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/277-d520e356

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。