スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルのタイムスタンプのctimeは簡単には変更できない 

少なくともLinuxのファイルシステム(ext3とか4とか)ではctime(ファイルの作成、属性変更された日時)の設定ができないとのこと。これって結構意外。
touchコマンドではmtimeとatimeは任意に設定できるけど、ctimeは設定できない。(HP-UXではtouchコマンドで設定できる模様)

perlの関数utime()でも同様にmtimeとatimeは設定可能だけれど、ctimeは設定できない。
株式会社参謀本部の社長ブログによれば、コマンドdebugfsで無理やり書き換えることが可能とのこと。
だけどまぁ、ここまでやってファイルシステムを直接書き換えるのはいかがなものかと思ったり。しくじったらfsckやらないといけないじゃない。

デジタルフォレンジックの世界ではファイルのタイムスタンプとかも調べるんだろうね。その場合、ctimeは簡単にはいじれないので役に立つのでしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/272-f37513ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。