スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Amazon EC2を触ってみただけの話 

直接必要がなかったのでこれまで触らずじまいできていたのだが、さすがにまずいだろうと思いAmazon EC2を触ってみた。とりあえずアカウントを用意、無料お試しで触り始めてインスタンスを一つ立ち上げてみたところ。せっかくなので今まで触ったことのないAMIとしてUbuntuを選んでみたんだけれども、最初からよく分からないものを選ぶものではないね。

まぁ、とりあえず動いたし、「それが何?」状態ではあるのだけれども、インスタンスをあげることはできた。うん、LV2にレベルアップしたかな。課金条件とかをきちんと把握したいのだけれども、インスタンスが存在するだけで課金されるのか、OSを落としておけば課金されないのか。インスタンスを削除すると全データが削除されそうな気がするのだけれど、EBSはまた別なサービスでそっちにデータがあるからEC2のインスタンスを削除しても残るのか、わからないことばかりだ。

そもそも外部公開サービスを行わない場合にはEC2はどうなの? 安いの? 便利なの? 死ぬの?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/244-d34db8cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。