スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物理マシン上のLinuxをVMware vSphere ESXi 5.5へコンバート 

物理マシン上のLinuxをVMware vSphere ESXi 5.5へコンバートしたいがうまく行っていない話。

物理マシン上のWindowsをVMware vSphere ESXi 5.5へコンバートする場合、WindowsにVMware vCenter Converterをインストールしてクライアントにて自分自身をESXiへコンバートする事ができるのでやり方は分かるのだけれど、コンバート対象が物理マシン上のLinuxとなるとよくわからない。ConverterはWindowsプログラムであるため、Linux上で実行できないので。

試しにちょっとやってみた。まずマシンとして(A)ESXi(VMホスト)、(B)Linux(変換対象の物理マシン)、(C)Windows(VMware vCenter Converter実行機)の3台を用意する。
(1)(B)でSSHを設定
  rootがパスワード認証で(C)からログインできるように設定する
  コンバートはSSH経由で行われるらしい
(2)(C)上でConverterを起動
(3)「Convert machine」→「Select source type」にて"Powerd-on machine"を選択→"A remote machine"を選択
(4)「IP address or name」にて(B)のIPアドレス、「User name」で"root"、「Password」でrootパスワード、「OS Familly」で"Linux"として「Next」
 ここで何故か"この操作の実行権限が拒否されました。"とメッセージが出力されて先へ進めなくなる。
 ↓
 Converter自体を管理者権限で実行する必要があった(なぜ?)
(5)コンバート完了後ゲストをブートするとkernel Panicで死ぬ。

原因は何? なんでkernel panicになっちゃうんだろう?

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/242-14ca40ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。