スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SpamAssassinの調教 

前のエントリでSpamAssassinの初期設定をした。今回はSpamAssassinの調教をしたい。
何となく動作するようになったのだけれど、ここからが本番。調教しないと精度が上がらないのは仕方のないところ。SpamAssassin自体の設定も全くやっていないので色々といじれば役立つかもしれないし、Procmailの設定も同様。色々と調べないとね。

SPAM判定試験

spamassassin -t ~/Maildir/cur/1369893227.13759_1.(略)


SPAM学習のDB
SPAM学習のDBは以下にある。

~/.spamassassin/bayes_seen
~/.spamassassin/bayes_toks


SPAMの学習

非SPAMを学習させる
sa-learn --ham /path/to/mail/file
SPAMを学習させる
sa-learn --spam /path/to/spam/file


user_prefsの取得
http://www.flcl.org/~yoh/user_prefsを持ってきて ~/.spamassassin として保存してやる。これをやらないとどうやらSPAMを殆ど判定できない模様。
持ってきたuser_prefsはSPAM判定のためのルールの固まりで、SPAMの特長を列挙してそれぞれに得点を付けるような記述がされている。これだけでかなりいけるんじゃないでしょうか、調教とかしなくても。

様子を見よう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/239-a676fdec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。