スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPFってどれだけ世の中で役に立っているのだろう? 

WIDEが調査している.jpのSPF&DKの普及率を見ると、約半数の組織が
SPFを登録しているようです。DKIMは普及していませんね。
http://member.wide.ad.jp/wg/antispam/stats/index.html.ja
いつの間にこんなに普及したのか、びっくりだ。

ただ、上記の調査は「自ドメインのDNSにSPF用のエントリを登録した組織の割合」である。受け取ったメールをSPFで正当性をチェックしている組織の割合ではない。だから、やりとりされるメールをSPFで正当性チェックする割合を意味しない。
自ドメインのDNSにSPFエントリを登録しているけれど、自分が受信するメールをSPFでチェックしている組織は結構少ないのではないのかと思う。この推測が合っていれば、受信するメールをSPFでチェックしている組織はそんなに高くない事になる。受信メールの正当性をチェックしていなければ、SPFはその組織のメール環境を改善するために役立っているとは言えないよね。

そういえば、世の中のメールサービス全般で、「SPFでメールの正当性をチェックしています」みたいな売り文句は見た憶えがないしな。結局のところSPFはどれだけ世の中で役に立っているのだろう?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/234-5560d78c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。