スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATOK 

ATOKは2012へバージョンアップしたが、やはり標準辞書は使いもしない単語が大量に登録されていて気に入らない。特に人名なんか同じ音でたくさん候補出力されても嬉しくない。というわけで、大昔から育ててきているATOK辞書を変換して使い続けることにした。ちなみにシステム辞書とユーザ辞書の両方だ。

古いATOK辞書を、辞書ツールを使ってテキストで出力し、新しいATOKの辞書ツールを使って新規の辞書を作成、次にテキストを辞書ツールを使って新しい空の辞書に流し込んでやるだけ。何でかわからないけども、ATOK2012は辞書ツールを使って作成した辞書をユーザ辞書として使用できなかったので、ATOK2012の標準の辞書ツールを持ってきて中身を空にして、古いユーザ辞書の中身を登録した。

なんだか、Justsystemの頑張っているところの多くを捨てているはずなんだけど、まぁ、気持ちよく入力・変換できることが一番なのでいいでしょう。いやぁ、今まで使っていたATOK17って、発売が2004年2月27日か、もう8年前ですな。Windows7で使えると思えなかったのでバージョンアップしたので、特に困らない感じ? 色々な新機能があるらしいけど、説明を読んでもいないなぁ。かかり受けとかは学習して欲しいんだけど、その辺りどうなんだろう。マニュアル読め、ってことですか。

ととと、「きょう」で日付に変換する機能がうまく働かないぞ。時刻への変換も。「じ」で時刻、「に」で時刻を推測変換候補に出してくれるけど。使う辞書が違うからうまく変換できない模様。

標準辞書(ATOK25.DIC)を使うと変換できるが、沢山の不要な単語が登録されている。じゃぁ、ATOK25.DICから単語を削除すればいいじゃない、と思ったのだが辞書ツールを使っても単語がひとつも出力されてこない。ウィンドウ内に表示されないだけかな? テキストファイルへの一覧出力も試してみたが出力0。むーん、、、諦めるしかないか? おお、そうか、「きょう」や「いま」を変換するときだけ[F5]で変換して標準辞書で変換すればいいのか。ちっとばかり面倒くさいが、まぁ、そんな頻度が高くないだろうから良しとしよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/222-c53b8981

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。