スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語対応CDDB 

日本語対応CDDBてのはないもんか。

CDDBというのはCDに記録されている曲データをため込んでいて、CDに記録されている曲を問合せることができるネットワークサービス。そのままだと日本語が通らない。

全国の John the Ripper の方々はさぞ大変な思いをしているに違いない。何とか何ねーのかしらん? などと思っていたけれど、Googleで検索してみたところunknownplaceなどでも書かれているが、freedbtest.dyndns.org なんてのが運用されている模様。

試しに1枚CDexしてみたところ、ちゃんと動くじゃない。いいね、これ!

"日本語のデータはまだほとんど入っていないので、(約56800タイトル 2005/9/1)"なんて書かれていましたのでレコードのないCDもあるとは思うけど、まぁそれなりに。多分ジャンルが偏って登録されてるんだろうなぁ(笑)

調べてて一緒に"CDDB2"という言葉も出てきた。CDDB2はCDDBと何が違うのか、理解する必要があるほど違うのかしらん? と思ってe-Wordsを見たところ、CDDB2はクライアントからの接続が有料だけど多言語対応、との事。うーん、なかなか普及しなそう、無料じゃないから。多分、フリーのCDDB2サーバを立ち上げるところが出てくるんじゃないの? そうしたら無料にしないといけないんだろうね。しばらくはfreedbtestを使うことになりそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/2-9febecf5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。