スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Global Dymamicアドレス 

IPv6で自動付与されるアドレスにはリンクローカルアドレスがある。デバイスの各インタフェースそれぞれに、そのサブネットだけで通信できるアドレスを付けるものだよね。

でもそれとは別にGlobal Dynamicアドレスというアドレスがあるらしい。
これも自動付与されるアドレスの様なんだけど、リンクローカルアドレスとは異なりグローバルアドレスが付けられるんだ。

Linuxの実装では静的にIPv6アドレスを設定しているときでも、これって自動付与される場合があるみたい。すると同じサブネットに複数アドレスがつくわけ。

その場合のアドレス使い分けはどうなるんですかね。通信を制限したり、通信デバイスを追いかける際には、どのデバイスのどのインタフェースが通信したのか特定しないといけない。自動付与アドレスがあるとこれは結構厄介。

静的にアドレスを設定しない場合は、自動的にアドレスがつけられて便利かもしれない。けど、静的にアドレスを設定したときには不要で危険だよね。

更に以前何かの本で、グローバルアドレスの自動付与はDHCPを使用してIPv6としては仕組みを提供しないと読んだ記憶があるんだけど。

何でだろ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/155-14bbe8bc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。