スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sys::Syslog 

use Sys::Syslogするときのメモ。

use Sys::Syslog;
openlog($tag, "ndelay,pid", $facility);
syslog($priority, "%s", $msg);
closelog();

こんな感じ。

openlog()が失敗するとcroak()する。この場合の失敗とはsyslogdとconnect()できない事を指す。
syslog()は返り値を返さないので成功か失敗かの区別を行えない。(perldoc Sys::Syslogによれば)
closelog()は成功すると真を返す。失敗するとたぶん、偽を返すのだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/139-1721f045

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。