スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ssh-agent 

以前の記事で書いたが、ssh-agentは便利だ。だが便利に使用するためにはちょっと設定が必要だ。

ここではbashの場合のログインスクリプト.bashrcの書き方とssh-agentの起動/停止スクリプトを紹介する。これを利用することでssh-agentが起動していなければ起動し、起動していればその1プロセスを利用し、更に複数のssh-agentを起動してしまわないようにできる。

スクリプトsshagentはこちら。

上記スクリプトを~/bin/sshagentに保存し、chmod u+x ~/bin/sshagentとする。

このスクリプトをログインの際に自動的に実行するよう.bashrcから呼び出すように設定を行う。ssh-agentの実行結果として出力される文字列を実行し環境変数に設定しなければならないのでsourceでスクリプトを実行する点に注意。
また、WinSCPを使用する場合、ssh-agentが標準出力へ出力する文字列のせいでWinSCPがログインに失敗するようになる場合がある。これを回避するための設定を.bashrcに入れておく。WinSCPはログイン先から更に別のサーバにログインしないのでssh-agentを使用する必要がないため実行しないようにするだけだけどね。

if [ "X$TERM" != "Xdumb" ]; then
   source ~/bin/sshagent start
else
   true; # connect by WinSCP
fi

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/136-e6593ad3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。