スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

perltidy 

perlソースの自動整形モジュール&コマンド。

インストールはrootで

# cpan
cpan> install Perl::Tidy

とやればOK。

自分用のオプション探しの旅に出かけないといけないね。なかなか自分の書き方ぴったりにはならない模様。

記述するオプションは

$ perltidy --help

で一覧される。
標準オプションは~/.perltidyrcに記述しておくと自動的に適用される。今の私のオプションは以下の通り。

-t # tabs: use one tab character per indentation level, not recommeded
-et=4 # entab leading whitespace n spaces per tab; not recommended
-i=4 # Indent level is 4 cols
-ci=4 # Continuation indent is 4 cols
-se # Errors to STDERR
-vt=2 # Maximal vertical tightness
-cti=0 # No extra indentation for closing brackets
-bbt=1 # Medium block brace tightness
-nsfs # No space before semicolons
-nolq # Don't outdent long quoted strings
-bt=2 # sets brace tightness, n= (0 = loose, 1=default, 2 = tight)
-pt=2 # paren tightness (n=0, 1 or 2)
-sbt=2 # square bracket tightness (n=0, 1, or 2)
-bvt=2 # brace vertical tightness,
# n=(0=open, 1=close unless multiple steps on a line, 2=always close)
-pvt=2 # paren vertical tightness (see -bvt for n)
-sbvt=2 # square bracket vertical tightness (see -bvt for n)
-bvtc=2 # closing brace vertical tightness:
# n=(0=open, 1=sometimes close, 2=always close)
-pvtc=2 # closing paren vertical tightness, see -bvtc for n.
-sbvtc=2 # closing square bracket vertical tightness, see -bvtc for n.
-sob # swallow optional blank lines
-bl # opening brace on new line

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/130-9f000aa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。