スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PerlでExif 

PerlでExifをいじろうと考えた。

最近のデジカメは何も設定しなくても撮影時の情報を残してくれるようで、自分の撮影したものにどんな情報が入っているのか、ネットで転がっている画像ファイルにどんな情報が入っているのかチェックを入れてみたいと思って。

Exif情報はVixなどのグラフィックビューアでも参照することができてその方がより使いやすいものだとは思うのだけど、Exif情報を一覧したいと思うとこうしたグラフィックビューアでは不便です。(普通はそんな事をしたいと思う人が少ないというか、そもそもExifなんてのはデジタルカメラマニアしか意識していないんじゃないだろうか?)

で、取り敢えずImage::ExifToolを見つけたので使ってみようかしらん?と、うだうだしていたところここを見つけました。素敵なPerl使いですな。

ま、それはそれとして使ってみよう。

ということでこんなサンプルコードができました。

#!/usr/bin/perl
#
#ver 0.1
use Image::ExifTool;
use strict;
#void main
{
my($file, $info);
for $file (@ARGV)
{
my($exifTool) = new Image::ExifTool;
$info = $exifTool->ImageInfo($file);

print("\n\n$file");
my($k);
for $k (sort keys %$info)
{
print("\n$k\t$info->{$k}");
}
}
}

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/12-c81d3aa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。