スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シグナル 

シグナル(POSIX.1)

シグナル
値/動作 説明

------------------------------------------------------------------------
SIGHUP
1/Term 制御端末(controlling terminal)のハングアップ検出、または制御しているプロセスの死

SIGINT
2/Term キーボードからの割り込み。(Interrupt) [Ctrl]-Cで発行される。

SIGQUIT
3/Core キーボードによる中止 (Quit)

SIGILL
4/Core 不正な命令

SIGABRT
6/Core abort(3) からの中断 (Abort) シグナル

SIGFPE
8/Core 浮動小数点例外

SIGKILL
9/Term Kill シグナル。補足/制御できない。

SIGSEGV
11/Core 不正なメモリ参照

SIGPIPE
13/Term パイプ破壊: 読み手の無いパイプへの書き出し

SIGALRM
14/Term alarm(2) からのタイマーシグナル

SIGTERM
15/Term 終了 (termination) シグナル

SIGUSR1
30,10,16/Term ユーザ定義シグナル 1

SIGUSR2
31,12,17/Term ユーザ定義シグナル 2

SIGCHLD
20,17,18/Ign 子プロセスの一旦停止 (stop) または終了

SIGCONT
19,18,25 一旦停止 (stop) からの再開

SIGSTOP
17,19,23/Stop プロセスの一旦停止。(stop) 補足/制御できない。

SIGTSTP
18,20,24/Stop 端末 (tty) より入力された一旦停止 (stop)

SIGTTIN
21,21,26/Stop バックグランドプロセスの tty 入力

SIGTTOU
22,22,27/Stop バックグランドプロセスの tty 出力

SIGKILL と SIGSTOP のシグナルはキャッチ、ブロック、無視できない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/105-0fdd0154

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。