スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNMPの一般トラップ 

SNMPの一般トラップ

trap番号OID意味 data binding
0 1.3.6.1.6.3.1.1.5.1 coldStart なし
1 1.3.6.1.6.3.1.1.5.2 warmStart なし
2 1.3.6.1.6.3.1.1.5.3 linkDown ifIndex
SNMPv2以降はifAdminStatusとifOperStatusが追加。
3 1.3.6.1.6.3.1.1.5.4 linkUp ifIndex
SNMPv2以降はifAdminStatusとifOperStatusが追加。
4 1.3.6.1.6.3.1.1.5.5 authenticationFailure
認証失敗
なし
5 1.3.6.1.6.3.1.1.5.6 epgNeighborLoss
EPG失敗
epgNeighAddr
6 1.3.6.1.4.1.エンタープライズ番号.固有トラップ番号 ベンダ固有トラップ ベンダ定義


トラップはsnmptrapdで受信できる。snmptrapdがトラップを受信した際に呼び出すスクリプトは/etc/snmp/snmptrapd.confのtranphandle業で指定する。

traphandle default /path/to/traphandle.pl

トラップを受信したsnmptrapdは、traphandleで指定したスクリプトの標準入力に対してトラップ情報を出力する。スクリプト側では標準入力から読み込んで動作すればよい。
snmptrapdが出力するのはこんな感じ。

router01
UDP: [192.168.1.1]:60201
.1.3.6.1.2.1.1.3.0 31:18:27:02.00
.1.3.6.1.6.3.1.1.4.1.0 .1.3.6.1.6.3.1.1.5.3
.1.3.6.1.2.1.2.2.1.1.3 3
.1.3.6.1.2.1.2.2.1.7.3 2
.1.3.6.1.2.1.2.2.1.8.3 3

1行目 送信元DNS名
2行目 トラップの送信プロトコル、送信元IPアドレス、送信元ポート番号
3行目 トラップ送信元のuptime
4行目 一般トラップOIDとベンダ固有トラップOID
5行目以降 varbind

SNMPトラップの送信


指示子説明使い方
i
INTEGER。整数
 
u
UNSIGNED。符号なし整数
 
c
COUNTER32。32bitカウンタ。
 
s
STRING。文字列。
 
x
HEX STRING。16進数文字列。
 
d
DECIMAL STRING。10進数文字列。
 
n
NULLOBJ。値のないオブジェクト?
 
o
OBJID。OID。
 
t
TIMETICKS。時刻。単位とかは?
 
a
IPADDRESS。IPアドレス。
 
b
BITS。2進数? ビットのバイナリ表現? 具体的にはどんなだ? コマンドでの指定方法とか?
 


コマンドsnmptrapでのトラップ送信例
SNMPv1の場合

snmptrap -v 1 -c COMMUNITY localhost 1.3.6.1.6.3.1.1.5.4 127.0.0.1 3 0 "" .1.3.6.1.2.1.2.2.1.1.0 i 1

SNMPv2の場合

snmptrap -v 2c -c COMMUNITY localhost "" .1.3.6.1.6.3.1.1.5.4 .1.3.6.1.2.1.2.2.1.1.0 i 1

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://haginov.blog35.fc2.com/tb.php/101-5d2bc213

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。