スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS6.2でNet::DNSをインストールできない 

最近CentOS6.2でNet::DNSをインストールしようとしたんだけどエラーが出てうまく行かなかった。
あと、Net::DNSを使ってたと思う、再帰問合せスクリプトを紛失。見あたらないんじゃよなー。結構手間が掛かっていて面倒なスクリプトだったし、役立つんで見つけたいんだけど。

スポンサーサイト

最近のbindの設定ディレクティブがよく分からない。 

最近のbindの設定ディレクティブがよく分からない。

bindkeys-fileというディレクティブがあって、デフォルトで存在するファイルを指しているんだけど何をするものなのかよく分からない。というかきちんとした説明書きを見つけることができない。どうやらキャッシュDNSサーバでDNSSECを有効にしたときに、ルートDNSサーバからの応答を検証できるようにルートDNSサーバの公開鍵(的なもの)を指定するように見える。/etc/named.root.keyを指せば良いみたいだし。

ただ、きちんとしたディレクティブの説明が見つからないんだよねぇ...。ソースを展開してドキュメントをあされば良いのかな、面倒くさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。