ScanSnap iX500 

あれっ?
ScanSnap iX500ってPFUの直販だけになってるの?
Amazonとかのレビューも2013年までみたいだし。

Canon DR-M160を使っているけれど、買い換えるとしたら何がいいんだろう。

Perlでインストールされているモジュールを全部リストアップする 

(ひ)メモ「Perlでインストールされているモジュールを全部リストアップする」にて。
参考になるのでメモ。

vimでperlファイルを編集する際に、コメント行で改行時に自動で次行もコメント行にしないための設定 

vimでperlファイルを編集する際に、コメント行で改行時に自動で次行もコメント行にしないための設定

参考EasyRamble

[~/.vim/after/ftplugin/perl.vim]

" コメント行で改行した際に、次の行にも'#'が自動で挿入されるのを止める
setlocal formatoptions-=r
setlocal formatoptions-=o


vimでperlファイルを編集する際に、コメント行で改行時に自動で次行もコメント行にしないための設定 

vimでperlファイルを編集する際に、コメント行で改行時に自動で次行もコメント行にしないための設定
http://easyramble.com/disable-vim-auto-comment.html
[~/.vim/after/ftplugin/perl.vim]

" コメント行で改行した際に、次の行にも'#'が自動で挿入されるのを止める
setlocal formatoptions-=r
setlocal formatoptions-=o


CentOS6.4からsqliteを削除するとrpmやyumが死ぬ 

知らなかったのだけれど、yumはきっとsqliteでパッケージデータベースを管理しているのね。CentOS6.4で

# yum -e sqlite


したらyumもrpmも死んじゃって、どうしようもない状態になっちゃいました。rpmでsqliteパッケージをインストールしようとしてもsignature検証で失敗してインストール出来ない。

ぐぐってみると昔からある、やっちゃいけないことの一つだったみたいなんだけど、リカバリ手順はあまりきれいなものはなさそうな雰囲気。そもそも

# rpm -i *.rpm


ができないので綺麗にリカバリできるわけがない気がする。rpmのsignatureの仕組みまで調べる気には到底ならなかったのでそのマシンをスナップショットまで戻してリカバリさせた。
今回の件で私が得るべき教訓は、システムの基盤が何なのか知っておくのは重要だということ、それにバックアップをとっておくことは役に立つことだということだ。

cpanコマンドの設定メモ 

cpanコマンドの設定メモ
うむ。

てst 

てst

cおで


てst

ipconfig.exeを実行するだけのバッチファイル名をipconfig.batにした話 

ipconfig.exeを実行するバッチファイルにipconfig.batと名付けてみた。

===================================
ipconfig > result.txt
===================================

これを実行するとコマンドプロンプトに処理が返ってこなくなる。CPUを使い切って走り続ける。

===================================
Z:\tmp\20121017>ipconfig.bat

Z:\tmp\20121017>ipconfig 1>result.txt

===================================

こんな感じだ。なぜかコマンドプロンプトがもう一度表示され、妙なリダイレクトが行われる。

調べてみたら、バッチファイル内で指定しているipconfigが、ipconfig.exeを呼び出さずにipconfig.bat(自分自身)を呼び出していた模様。当然無限にループして上記の通りとなる。

バッチファイル名を変更した解決。

そもそもファイル拡張子を省略できるという仕様がバグだろう。

CentOS6.2でNet::DNSをインストールできない 

最近CentOS6.2でNet::DNSをインストールしようとしたんだけどエラーが出てうまく行かなかった。
あと、Net::DNSを使ってたと思う、再帰問合せスクリプトを紛失。見あたらないんじゃよなー。結構手間が掛かっていて面倒なスクリプトだったし、役立つんで見つけたいんだけど。

Test::Moreの出力で日本語を出力させる時のワーニング回避方法 

Test::Moreでテストした結果、Test::Moreから日本語(ワイドキャラクタ)を出力したい場合、

Wide character in print at /usr/lib/perl5/5.8.8/Test/Builder.pm line 1759.

こんな感じでエラーが出てしまっていた。(ちなみにperl5.8.8。) テストスクリプト t/*.t で、以下の様に記述すればエラーが出なくなる。

use strict;
use Encode qw(encode_utf8); #Encode::encode_utf8()を使うので
use utf8;
use Test::More qw(no_plan); #Test::Moreでテストするので
use_ok("Module");
is(&method("ARG"), 0, encode_utf8("1:全角文字列"));

encode_utf8()で、文字列をUTF8として扱ってやればOK。
けど、ちょっと面倒だな。