スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AdBlockPlusのフィルタの書き方 

めも。

DO.MA.IN##ELEMENT#ID

DO.MA.INを省略すると全ドメイン。SUB.DO.MA.INも含まれる。
||DO.MA.IN##...という書き方はできない模様。

DO.MA.IN##ELEMENT.CLASS

IDではなくクラスで指定する場合にはセパレータを'.'にする。

スポンサーサイト

Firefox addonのLinky 

Firefox addonのLinkyはとっくの昔に終わっていたのね。Open Slected Linksに変えてみたけれども、Linkyの法が勉りっぽいんだけど……

IPv6のLAN内アドレスの決定について 

最近はISPからIPv6アドレスを受け取って、LAN内でグローバルIPv6アドレスがつくことも珍しくなくなってきた。
なのでオフィス内のLANについてもIPv6をつけたいと思うのだけれども、ふとよく分からないことにぶち当たったのでメモ。

IPv4の場合には、大抵NAPTを使ってプライベートアドレスをLAN内に割り当てることが多いのだけれど、IPv6ではNAPTを使わないことになっているはず。そうすると、LAN内に割り当てられるアドレスもグローバルIPv6アドレスになる訳だよね。
ここまでは良い。

次にこのグローバルアドレスは誰のものかと言えば、利用しているISPのアドレスなのだけれども、これが問題だ。ISPを変更したくなった時にはLAN内のグローバルIPv6アドレスは、新しく利用することになるISPから配られるものに変更となってしまうわけだ。

クライアントマシンのIPv6アドレスはおそらくRAやDHCPで自動的に変更になるのでどうでも良いのだけれども、LAN内向けのサーバマシン(ファイルサーバ、キャッシュDNSサーバ、業務サーバ、etc...)につけているアドレスは手で全部変更してやり、(LAN内用の)DNSを書き換え、様々な機器で設定されているだろうアドレスによるアクセス制限の設定を変更しなければならなくなるのだ。
これってIPv4より退化しているよね。

これを防ごうとすれば、ISPから割り当てられるISPのグローバルIPv6アドレスではなく、自前でグローバルIPv6アドレスを入手してLAN内で使用する、ということが適当であるように思えるのだけれども、ISPは普通そういうサービスをやっているんだっけ? ただのインターネット接続サービスと同程度の価格帯で。

そもそも、グローバルIPv6アドレスの割当を受けたいと思ったらどこでどう手続きすれば良いんだろう。

原因はMcAfee Endpoint Securityのファイヤーウォールだった 

IPv6グローバルアドレスを取れない、という話の続き。

同じネットワークでAndroid端末はIPv6を取れていたので、おそらくネットワークのせいではないと切り分け。

PCを再起動しても治らないので、何かの設定の問題と切り分け。

ipconfig /renew6


とか実行しながらあれこれ変更していくと、McAfee Endpoint Securityを無効化するとIPv6を取れる。なんだこれ。
もう少し切り分けて、Endpoint Securityのファイヤーウォール機能を無効化するとIPv6を取れることが判明。
エンドポイント上でファイヤーウォール機能を有効にすることの意義があまり理解できない人であるので、早速ファイヤーウォール機能を無効化。

これで解決した。
しかし、IPv6のアドレスを取れなくなるとかいって、どういう了見で初期設定を作っているんだ、このソフト。
そんなことがあった。

IPv6のグローバルアドレスが取れない(Windows10) 

ルータはグローバルアドレスを持っていて、LANにはRAで配布しているのに、Windows10がリンクローカルしか持っていない。なんでだ?
端末によるのかしらん? それとも配っているルータの問題か、その上流のネットワークの問題(それはなさそうだけど)か?

CPUクロックの動的変更 

PCのCPUクロックっていうのは動的に変更する仕組みが入っているっていうのは知ってはいたけれども、自分が思っていたよりもずっと負荷状況に応じてリアルタイムに変更されるんだね。
Windows10のタスクマネージャを見ると、現在のCPUクロック(GHz)が表示される。これを眺めていると随分と簡単にクロック数が上下しているのが見てとれる。
大昔、PC-9801なんか、クロック数5MHzと8MHzの切り換えのために物理スイッチがついていたんだよなぁ。電源を切ってからでないと切り換えちゃ駄目な奴だった気がする。
随分と進歩したもんだ。

今年度も残り僅か、頑張るぜ 

今年度も残り僅かですが、年度末ともなると色々と仕事が立て込んでしまうものでやる気も50%OFF、トラブル発生率20%アップてなもんです。

でもまー、日頃の50%のやる気でもとにかく始めてしまえば仕事もこなせるわけですから、仕事を始めるところにその日の90%の努力と工夫をつぎ込んでいきたい次第でございます。いい感じにスタートできれば大抵の仕事はそつなくこなすことができるわけで、これも自分の日頃の積み重ねが活きているわけですよ。偉いなー、自分。

そういうわけで、仕事よりも仕事を始めることに90%の力を注ぐとして、それはうまくいったとしても、やはり季節の変わり目、ちょっと失敗すると暑すぎたり寒すぎたりと洋服のセレクションを間違ってしまうこともある訳です。そんなこんなで風邪などをひかないよう、栄養を無理矢理採ってこの年度末、年度始めの七面倒くさい時期を無事に乗り切っていきたい、そんな風に考える今日この頃であります。

CookieClicker Ver2 

CookieClickerがバージョン2にバージョンアップしました。色々な要素が追加され、BuildingやHeavenlyChipsのバランスが大幅に見直されています。
こんな感じ
キャプチャ
decillion cookiesってすげえな、10^30って事か?

GSSAPI 

SSHでGSSAPIAuthenticationとかGSSAPIに関する設定項目がある。今まで特に気にしていなかったのだけれど、これは使えば結構便利らしい。
暗号やプロトコルのネゴシエーションをやってくれるのがGSS機構で、そのAPIがGSSAPI。SSH等のプログラムはGSSライブラリをダイナミックリンクして使う。
SSHなどのプログラムは、暗号やプロトコルのネゴシエーションをGSS機構に任せて、両ピアがサポートする最良の暗号やプロトコルを決めてもらうことになる。
うまく使うとKerberos認証とかも使えるようになるらしい。

ただ、CentOS7にSSH接続しに行く時、GSSのネゴシエーションで待たされるのがちょっと嫌かな。

ScanSnap iX500 

あれっ?
ScanSnap iX500ってPFUの直販だけになってるの?
Amazonとかのレビューも2013年までみたいだし。

Canon DR-M160を使っているけれど、買い換えるとしたら何がいいんだろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。